保護者の皆様へ 中学生の皆様へ 卒業生の皆様へ

お知らせ

☆「令和2年度 申請者限定あすなろ祭(文化祭)」について

令和2年10月31日(土)に実施予定のあすなろ祭は,新型コロナウイルスの感染対策と生徒の安全確保の観点から,入場に際しまして申請者限定公開とし,入場許可証の提出を義務付けさせていただきました。
一般の方は入場を御遠慮させていただきます。

詳細については,こちらをご覧ください。⇒ あすなろ祭について

 

☆「令和2年度公立高校オープンキャンパス」が更新されました。

学校紹介動画や各情報をご確認いただけます。⇒https://www.pref.miyagi.jp/site/sub-jigyou/oc2020.html

 

☆「令和2年度公立高校ガイドブック」が掲載されました。

こちらよりご覧ください⇒https://www.pref.miyagi.jp/site/sub-jigyou/kyo-guidebook-index.html

 

防災学習を実施しました

 11月13日(金),3学年で防災学習を実施しました。本校PTA顧問で,防災士として活動している今村幸栄氏をお招きし,「避難所での生活と運営」についてお話いただきました。講話後にはグループごとに避難所運営ゲーム(HUG)を行いました。生徒たちは避難所を運営する側となり,様々な状況で避難してくる避難者をどこに誘導すればよいのか、物資をどこに保管するか、など様々な状況にいかに対応すればよいかをゲームを通して考えました。

 

防災避難訓練を行いました
  
 
11月6(金),防災避難訓練を行いました。理科準備室からの出火を想定したもので,全校生徒が避難計画に従って,グランドへ移動しました。怪我人も出たという想定なので,消防車だけではなく救急車の要請も防災電話を使って行いました。全員の安否確認が終わったところで,消化器を使った消火訓練も行いました。講評では,「防災避難訓練の見本となる緊迫感のある訓練でした」とお褒めの言葉をいただきました。

 

あすなろ祭(文化祭)を行いました
  
 10月31日(土),あすなろ祭を実施しました。例年は一般公開の日ですが,今年度は新型コロナウイルス感染症を勘案し,事前申請者限定公開で行いました。今年のテーマは「Break the sky limit~限界を超えろ~」です。文化部の日常の活動成果を発表する場だけではなく,各クラスや有志団体の発表もあり,会場は大いに盛り上がっていました。「限界を超えろ」のテーマのとおり,茶道部はお点前の披露(茶の提供はしない)の他に茶器や掛け軸等の説明で茶道とはいかなるものかを教えてくれました。また各クラスの出し物としての自主制作ビデオは,それぞれが「限界を超えろ」を作品化したもので,思考の限界を確かに超えていて,発想力の素晴らしさに驚かされました。「生徒一人一人が輝く文化祭」になるように計画された今年の文化祭は大成功でした。

 

 

出陣式を行いました

 10月9日(金),3年生が自らの進路を勝ち取るために「出陣式」を行い,希望進路達成への決意を固めました。大学の入試はすでに動いていますが,来週末からは就職試験が始まります。一人一人が蔵王高校名物「必勝だるま」に願を掛けました。 

 

スポーツ大会を行いました  

10月7日(水),スポーツ大会を行いました。本来ならば7月の夏休み前に行う行事ですが,今年は新型コロナウイルス感染症のために延期になっていました。競技はバドミントンとバレーボールの2種目。各クラスがオリジナルTシャツを作り,それを着て熱い戦いを展開しました。優勝を争う行事とは言うものの,学年を超えて応援が飛び交い,蔵王高校生が一つにまとまった一日になりました。

 

芸術鑑賞会を行いました

 10月1日(木),「すぐれた芸術を鑑賞することを通じて,教養を高め,豊かな情操を育成する」ことを目的に芸術鑑賞会を行いました。今年の内容は株式会社 影向舎(ようごうしゃ)様を迎えての「古典芸能 落語・寄席」です。講談や落語は初めて聞く生徒たちが多く,その「芸」の素晴らしさに圧倒され,あっという間に時間が過ぎてしまいました。紙切りには生徒も参加して,会場が笑いで包まれました。

 

あすなろ会選挙を行いました

  
 9月11日(金)に,本校生徒会(あすなろ会)執行部の役員選挙を実施しました。応援弁士からの推薦を受けた各立候補者の演説のあと,蔵王町から借用してきた実際の選挙で使われる投票箱を用いて投票を行いました。3年生を中心とした執行部から,1・2年生による新しい執行部の誕生です。
 生徒会長  :菊地 星哉(2年 白石中学校出身)
 生徒会副会長:丹野 由佳(2年 遠刈田中学校出身)
 生徒会副会長:日下  想(1年  福岡中学校出身)
 応援団長  :甲谷  旭(2年  円田中学校出身)
 応援団副団長:山崎 将輝(2年  白石中学校出身)
 応援団副団長:小島 美優(1年  遠刈田中学校出身)
 

 

3年生でSC(スクールカウンセラー)講話を行いました

 9月4日(金),3年生を対象にSC講話を実施しました。講師はいつもお世話になっている百々可菜(どうどう かな)先生です。内容はストレスマネジメントについて。自分がストレスを感じた際にどのようにそれを逃すかの具体的手法を教えていただきました。生徒たちも自分たちのリラックスの方法などを積極的に出し合い,楽しそうに活動していました。

 

「指導に困難を感じる生徒への対応に関する研修会」を開催しました

  
 8月18日(火)に蔵王高校を会場として,標記の研修会を開催しました。講師は宮城学院女子大学教授の梅田真理先生です。著名な先生ということもあり,県内から60名以上の先生方が集まりました。「生徒は一人一人違う特性や個性を持っています。その生徒に応じた適切な指導が求められているのです。」との梅田先生の言葉に,先生方も大きくうなずいていました。

 

2年生が職業体験実習を行いました

  
 9月1日(火)から3日(木)の3日間,2学年は職業体験実習に臨みました。それぞれが関心のある職種や職場を選び,実際に働かせていただくことにより,社会人としての自分を具体的にイメージすることができたようです。実習を快く受け入れをしていただき,ご指導いただいた関係各所のみなさま,大変ありがとうございました。

 

オープンキャンパスを行いました

 令和2年8月1日(土),本校のオープンキャンパスを行いました。中学3年生だけではなく,中学2年生の参加もあり,会場は熱気に包まれました。
 生徒会執行部の生徒たちが先導しての校舎案内の後,参加中学生たちは事前に申し込んでいた「模擬授業」を受けました。「介護実習(福祉)」「究極の二択(地歴公民)」など,各教科が工夫を凝らした授業を楽しんでもらえたようです。その後,校舎内外を自由に行き来して,部活動見学をしてもらいました。
 蔵王高校は生徒一人一人の学びを大切にする学校です。今日来ていただいた皆さんと,来年の春に再会できることを心待ちにしています。

 

「新しい生活様式」に沿った進路ガイダンスを実施しました

 7月3日(金),毎年実施している全校生を対象とした進路ガイダンスを,今年度は新型コロナ対策として「新しい生活様式」を踏まえたリモートによるガイダンスという形式で実施しました。全20校の大学・専門学校の先生方はご自身の研究室からZoomで参加し,本校生は1人1台のタブレットを用いて講演や入試説明,質疑応答等を行いました。チャットを利用しての受け答えに生徒は興奮気味で,担当業者によると,このような完全リモート形式の進路ガイダンスは宮城県初とのことです。当日は河北新報社も取材に来ました。

 
 
 

薬物乱用防止講話を行いました

 令和2年6月26日(金),薬剤師の佐藤克彦先生をお招きして本校1年生を対象とした「薬物乱用防止講話」を実施しました。新型コロナウイルス感染症への対応から始まり,処方された量以上に服用すること自体が「乱用」にあたること,また恐ろしい薬物のお話まで多岐にわたりました。佐藤先生が繰り返しおっしゃっていた「一生を棒に振らないために」という言葉を生徒たちは重く受け止めていました。

 

1年生が梨の摘果体験をしました

 令和2年6月18日(金),本校1年生が総合的な学習の一環として,梨の摘果体験をしました。摘果とは,複数付いている実を一つだけ残し,残りは伐採することにより,大きく美しい実を成らせるための大事な作業です。
 当日は,蔵王町で梨園を経営しているPTA会長の菅野浩一様の農園で摘果作業を行いました。初めての体験に生徒たちは時間が経つのも忘れ,夢中で取り組んでいました。
 本校では総合的な学習を「ZAP(蔵王あすなろプロジェクト)」と呼び,地域連携と課題解決への取組とを関連づけた教育活動を展開し,地域の課題を解決しようとする意志意欲を養い,主体的に行動する生徒の育成を目指しています。

 

前期あすなろ会総会を実施しました。

 令和2年6月12日(金)に,生徒総会である「前期あすなろ会総会」を実施しました。コロナウイルス感染症拡大防止のために長い間休業だったため,各部活動の運営計画と予算を検討・協議し,承認を受けなければ活動ができません。
 当日は,生徒会長 菊池 哲哉さん(白石市福岡中学校出身)の挨拶の後,3年生の日下 聖基さん(宮中学校出身),高橋 翔汰さん(円田中学校出身)が議長となり,生徒会執行部の運営の下で生徒主体の生徒総会が実現できました。もちろん,各部活動の予算等も承認されました。これから,いよいよ蔵王高校の令和2年度の活動が始まります。

 

 

 

臨時休業等の延長について

 

 令和2年5月5日付県教育長通知「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた県立学校における臨時休業等の延長について」を受け,本校でも,5月10日(日)までの臨時休業を「5月31日(日)まで延長」することにしましたので,お知らせします。
 なお,臨時休業中の登校日は,5月19日(火),5月25日(月)で,5月28日(木)は写真撮影日になっております。詳しくは,一斉メールを御覧ください。

 

臨時休業の延長について

 令和2年4月29日付県教育長通知「新型コロナウイルス感染症に係る臨時休業の延長について」を受け,本校でも,5月6日(水)までの臨時休業を「当面,5月10日(日)まで延長」することにしましたので,お知らせします。
 なお,5月11日(月)以降については,今後の国や県の動向を踏まえ,学校としての方針が決まり次第,その都度メールやHPでお知らせしますので御留意願います。

 

臨時休業について

 令和2年4月13日付け県教育長通知「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた県立学校における臨時休業について」を受け,本校でも5月6日(水)までの期間,臨時休業の措置を取っております。
 臨時休業中の御子息・御息女の学力を保障するため,各種課題等を郵送しております。
 なお,5月6日(水)以降の予定につきましては,今後HPや一斉メールでお知らせいたしますので,御留意願います。

 

☆「蔵王高等学校いじめ防止基本方針」を掲載いたします。

こちらよりご覧ください⇒いじめ防止基本方針.docx

 

☆「宮城県蔵王高等学校部活動のあり方に関する方針」を掲載いたします。

こちらよりご覧ください⇒宮城県蔵王高等学校運動部活動のあり方に関する方針HP用改.pdf

 


  緊急連絡用ダイヤルの設置について 》
・災害等の緊急連絡に対応するため、PHS電話2台を設置しています。緊急時はもちろん、学校連絡等に活用して参りますので、保護者の皆さまに於かれましては、携帯電話等への登録をお願い致します。
 ■ 070-6556-2718  ■ 070-6557-8613

新着
蔵高日記

令和2年度 蔵高日記

4月15日(水)全学年登校日「学年集会」

   新型コロナウイルス感染症拡大防止のために臨時休業中でしたが,本校では登校日を設け,生徒と先生方との顔合わせや,授業等についてのガイダンスを実施しました。3密を避けるために学年ごとに集会場所を変え,隣の人と十分な距離を保ち,全員マスクを着用しての学年集会でした。

 今後,情勢がどのように変化するかは分かりませんが,いつでも授業が再開できるよう,準備はしっかりと整えておく必要があります。「耐えることもまた,行動の一つである」それぞれが,それぞれの場所で頑張りましょう。

 

0

4月 8日 祝 入学式

 

 4月8日(水),本校の令和2年度入学式が行われました。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のために規模や形態を制限した形での式典となりましたが,令和2年度入学生21名が無事入学を許可されました。堂々と胸を張って入場する入学生諸君の姿を,保護者の方々が誇らしく拍手で迎える光景は,これからの明るい未来を予想させる素晴らしいものでした。新入学生代表宣誓では,小島美優さん(遠刈田中出身)が,「不安や心配,試練や困難があったとしても,校訓である『自立 想像 友愛』を胸に抱き,歩んでいきたい」と決意を語ってくれました。

 緊急事態宣言が発表されて,通常の学校生活が戻るのには少し時間がかかるかもしれませんが,校庭に置かれた「随處為主(どのような所でも,確固たる自分でいる)」の石碑の思いを受け取り,力強く歩んでほしいと思います。

  

0