蔵高日記

平成31年度 蔵高日記

12月 6日(金)5校時ZAP(蔵王あすなろプロジェクト)『わが町』学年発表会

毎週金曜日5校時は,「ZAP(蔵王あすなろプロジェクト)」と名付けた「地域を知り地域に貢献する人材となる」ことを目標とした探究学習を行っています。この日は,1年生がこれまで班ごとに分かれ自分の選んだ『わが町』について,もう一つの他の市・町との比較等を行い,その良さや欠点,こうしたらもっとよくなるのではないかといった改善策を含め,調べた内容と意見を模造紙1枚と口頭で発表をするというものです。比較した市は,近隣の大都市,仙台市との比較をした班が多かったのですが,中には,伊豆や他国というグループもありました。どうしたらもっと地域が活性化するかという視点では,高校生ならではのアイディアもあり,ぜひ具体化してほしいと思いました。この中からいくつかの班は,1月31日に蔵王町ございんホールで行われる本校主催『ZAP等学習発表会』や2月1日(土)の県庁で行われる県教委主催『高校生フォーラム』で発表を行います。さらに練り上げてプレゼンテーションしてくれることを期待したいと思います。

12月3日(火)認知症サポーター養成講座 1年生家庭科

 1年生の家庭総合の時間に,蔵王町保健福祉課様のご協力をいただき,認知症サポーター養成講座を行いました。当日は,主幹兼地域包括支援センター係長の岡崎理加様他の皆さまにご来校いただき,まずは講話をいただいた後,寸劇を加えて,認知症への理解を深め対応方法を学びました。寸劇には,本校職員も加わりましたが,生徒たちは,普段はなかなか見られない学年担当教諭の迫真の演技を面白がりつつ,認知症の方の気持ちや望ましい対応方法について身近な問題として理解を深めることができました。保健福祉課の皆様大変ありがとうございました

11月29日(金)5・6校時1年生MAP体験学習

 1学年では,午後の時間を使って,MAP(Mみやぎ・Aアドベンチャー・Pプログラム)の活動というに取り組ました。当日は,白石市立福岡中学校の鹿野憲明教頭先生,角田支援学校白石校の小笠原久美子先生が講師として指導してくださいました。まず5時間目は教室で,初対面の講師の先生が自らの体験談なども話してくれて,少しずつコミュニケーションをとる活動を,そして6時間目には第2体育館に移動し,チームを作って少しリアルな課題をどう乗り越えるか,チームで考え実行していく活動に取り組みました。活動を通して笑いも生まれ,生徒たちの表情も軽くなったようです。お忙しい中ご指導いただいた鹿野先生,小笠原先生,大変ありがとうございました。

10月30日(水)幼稚園実習

 「子どもの発達と保育」を選択している3年生12名が去る10月30日,永野幼稚園と宮幼稚園さんのご協力のもと,幼稚園実習を行いました。紹介を受けて,幼稚園児の活動に加わると,すぐに園児たちのペースに乗せられ(?),本校生たちも思わず笑顔いっぱいに,子どもたちと元気に屋内外での活動に励みました。子どもの笑顔は何物にも代えがたい宝ですね。お忙しい中受け入れしてくださり,ご指導いただきました永野幼稚園,宮幼稚園の先生方,大変ありがとうございました。

10月18日(金)宮城県高等学校音楽祭に出場しました!

 音楽部や授業等で音楽を愛好する有志生徒4人で,18日(金)日立システムズホール仙台コンサートホールで行われた第42回宮城県高等学校音楽祭に参加してきました。この音楽祭は,それぞれの高文連専門部としてコンクール等が行われていないギターやマンドリン合奏,管弦楽などからの参加や授業や部活動の枠にとらわれないグループでの演奏など比較的バラエティに富んだ演奏形態での出場が可能で,本校は,4人の生徒と1人の担当教員が「トーンチャイム」という,ハンドベルのように一本で一音を柔らかい音色で奏でる楽器で,ディズニーメドレーを演奏しました。本校からこの音楽祭に参加するのは初めてで,また,練習ではメンバーがなかなかそろわず・・・と当日を迎えるまでは不安も大きかったようですが,本番では,800人収容のコンサートホールに堂々と素敵な音色を響かせることができました。(写真は本番直前緊張のリハーサル風景と演奏後の写真です。)演奏後のやりきったという笑顔が最高ですね。お疲れさまでした。

10月18日(金)5校時「起業人に学ぶ①」~アトリエデリス代表取締役佐々木文彦様からご講話いただきました

 10月18日(金)の1学年蔵王タイムでは,「起業人に学ぶ」と題して有限会社アトリエデリス代表取締役佐々木文彦様から講話を頂きました。進路に悩んでいた高校生当時の経験から,料理人を志して本場フランスで修行をし,蔵王町に出店するまでをユーモアたっぷりに語っていただき,生徒たちは興味深く聞き入っていました。蔵王町のために何ができるかを考えて,地元の食材を加工する工場を立ち上げた佐々木様の真剣な姿に,生徒たちも大変刺激を受けていました。佐々木文彦様には学校評議員もお引き受けいただいていますが,これからもどうぞよろしくお願いいたします。

10月15日(火)芸術鑑賞会が開催されました

 本校体育館で行われた今年の芸術鑑賞会は,「津軽三味線Liveあべや」さんの演奏でした。「あべや」さんは,阿部金三郎・銀三郎さんという兄弟の津軽三味線ユニットで,若いながら,全国コンクールでの優勝経験をもち,かつ巧みなトークを交えて邦楽エンターテイメントステージを展開するという実力者。公演の冒頭,演奏しながら入場する「白狐行列」では,本校生徒4人も面をかぶり,さっそく演者と一緒にステージに参画。巧みなトークでじわじわと生徒を惹き付けたところで,津軽三味線の力強い音色と即興演奏で,しっかり蔵高生のハートをつかんでいました。ソーラン節では,生徒参加のコーナーで一緒にステージ上で踊る生徒もおり,演奏とともに心も身体もリラックスして楽しいひとときを過ごすことができました。あべやさん,ありがとうございました。また蔵王町にいらしてください!

 

 

 

 

 

10月5日(土)~6日(日)華道部「みちのく招福まつりINしばた」花展に参加

槻木生涯学習センターで開催された「みちのく招福まつりINしばた」花展に華道部3名と顧問が作品を出品しました。いつもご指導いただいている講師の庄子節子先生のご指導のもと,自分自身で選んだ花材を用いて,美しくお花を生けることができました。「お花は見る人を元気にすることができる。そのためお花が一番生き生きするように生けることが大切」と教えていただいたそうです。華道は奥が深い!お稽古を積んで,きっと美しい日本人の心を学んでいる部員のみなさん,次回花展も楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月3日(木)~4日(金)“2019日本の蔵王day三遊亭円楽杯”ゲートボール交流大会

 蔵王町と蔵王町教育委員会主催(宮城県ゲートボール連盟共催)の三遊亭円楽杯ゲートボール交流大会が蔵王町総合運動公園(楽天イーグルス蔵王球場特設芝コート)で開催されました。県内各所だけでなく,全国各地から合計55チームが参加の中,本校の臨時編成の男子,女子の2チームが出場しました。夏の全国大会の悔しさを晴らすぞ!と意気込み臨んだ大会でしたが,試合相手はなんといってもここまで本校を指導してきてくださった方々。大ベテランゲートボーラーの多彩なショットに手も足も出ず・・ではありませんが,女子はなんとか1勝をあげましたが,男子は1勝もあげられずの結果でした。しかし高校生ながらのがんばりが認められたのか,長野県山ノ内町観光商工課様から,なんと本校に「円楽杯」のネーム入りベストが!思わぬプレゼントに大喜びし,大会終了時には大根,たまご(!)等々の副賞もいただき,満足のうちに大会を終えました。長野県山ノ内町観光商工課様,またこれまでお世話になったゲートボール協会,大会関係者の皆様,大変ありがとうございました。蔵高チームのみなさん,お疲れさまでした!